手相占いは奥が深い占術となっていて、色々なことを鑑定できます

手相占いのやり方に関しては鑑定の内容によって異なる部分が出てきますが、基本的には左手の手のひらを見て、手のひらにある線を見ていき、鑑定をしていくことになります。

依頼内容によって右手の手のひらをみて鑑定することもあったりするため、ここは把握をしておくようにお願いします。

目視での鑑定及び鑑定用のルーペを使って対応することもあり、細かな部分を見たりする時とかはルーペを使い隅々までしっかりと見ることになります。

手相占いの歴史については古くは古代インドある占術として知られていて、その頃から徐々に中東アジアとかに広まりながら中国に伝わり、東洋の易学を含み東洋風にアレンジされたものが日本に広まっていったのであります。

ヨーロッパに関しては宗教や国の方針などの諸事情により19世紀頃に手相占いがようやく広まりはじめたのであります。

手相占いについてはインドよりも中国が先という諸説もありますが、事実なのかどうかは定かではありませんが、世界的に知られているのが古代インドからはじまったということです。

この占術ではどういったことを占うことができるのか、最初に言いましたが左手の手のひらを見るときと右手の手のひらを見る時とで占う内容が異なってくるため、大まかなものであれば恋愛運・対人運・仕事運・金運・総合運・健康運・結婚運、家庭運・人生や生命に関する運勢などになっていて、他にも複数あったりします。

手相占いというのは色々な内容によって運勢などを鑑定でき、結果をもとに相手に対して適切なアドバイスや提案をできる占術でもあります。